大谷治療室 | 目黒区にあるカイロプラクティック、鍼灸、トリガーポイントを得意としている治療院です。

腰痛1

腰痛シンボル

日常見られる多くの腰痛は筋肉性です。毎日腰が重だるかったり、立ち上がる時にちょっと痛いようなのは、慢性腰痛であり、毎日の仕事時の姿勢によります。
イスに長く腰掛け続けていても腰痛になります。立ちっぱなしでも腰痛になります。同じ姿勢を続けることは筋肉の血行を悪くすることにより、いろいろな症状を引き起こします。
このような筋肉性の腰痛は手技治療や針治療によく反応して、最も得意とするところです。

ギックリ腰

ギックリ腰は急に発症した腰痛の総称です。

いろいろな病態を含んでいますが、多くの場合は筋筋膜性腰痛といって筋肉の微小外傷です。その傷の部分の大きさや部位によって症状の軽重や痛みの部位が変わります。
歩いて来院できる程度であればより早く改善がみこまれます。
しかし、痛みがひどく身体が動かせないほどであれば整形外科を受診して消炎鎮痛処置をされることをおすすめします。

慢性腰痛

慢性化した腰痛は症状が複雑化していきますが、何が原因となっているかを構造的に突き詰めていくと、絡んだ糸をひとつずつ取り除いていくようにして解決できます。

多くの場合日常の仕事をする姿勢、どんな姿勢で腰掛けているかということが重要な要因となります。

坐骨神経痛については別のところで説明したいと思います。

腰痛の種類

腰痛には大きく分けて以下のようなものがあります

  • 筋筋膜性腰痛(筋肉性の腰痛)
  • 椎間関節性腰痛
  • 椎間板ヘルニア
  • 脊椎分離症・すべり症
  • 変形性腰椎症
  • 脊柱管狭窄症

そのほかに内科や外科で診察を受けた方がよい腰痛として以下の様な

  • 内臓性腰痛(腎臓や膵臓、婦人科など)
  • 腫瘍の腰椎への転移による腰痛
  • 脊柱管内での腫瘍

椎間板ヘルニア

若い人にとって厄介な腰痛が椎間板ヘルニアです。
老人よりも若い人によく見られます。
椎間板はバームクーヘンのような線維輪とその線維輪の中心にあんこを詰めたような髄核という部分からなっている。椎間板は丈夫な靱帯で囲まれていて安定性を、髄核と線維輪により可動性を与えています。

椎間板問題は椎間板の線維輪が柔らかくて、椎骨の動きが大きいことにより髄核が後方にシフトしたり、椎間板の線維輪にストレスがかかり微小断裂がおこることから始まります。
椎間板の線維輪

膨隆

髄核が線維輪を破って後方に脱出  
線維輪がふくれあがって神経を刺激

椎間板ヘルニアでは髄核が線維輪を破って後方に脱出した状態なので、線維輪の外層にある痛みの神経を刺激する痛みと、脊髄神経を圧迫し炎症を起こした痛みの両方があります。
腰の痛みと下肢の痛みシビレを伴います。髄核は靱帯のようなものなので,線維が断裂しているので捻挫しているようなものなので治るのに時間がかかります。

筋性腰痛