症状シリーズ

順次UPしていく予定です

腰痛

膝痛

肩痛

頭痛

坐骨神経痛

頚腕痛

産前産後のケア

 

 

スポーツ障害・・アスリートのために

ランナー障害を起こすには至っていないが、次のような悩みを持つアスリートやスポーツ愛好家は、是非ご相談下さい。

不調は身体に表れます。骨格、筋肉、関節可動性などを精査していくと、本人には自覚のなかった問題がみつかります。

こんな問題をかかえていませんか・・すべてご相談ください

スポーツ障害の場合、基本的にはオーバーユースによる筋疲労があります。身体のバランスの悪さにより、自覚のないまま特定の筋肉に過負荷をかけてしまっていることがあります。

または、オーバーユースや外傷後に代償性(痛かったり弱かったりする部分をかばうこと)で知らず知らず使っているせいかもしれません。そんなポイントを見つけ出して治療していきます。

オーバーユースの筋肉には硬結ができ、筋トリガーポイントが作られて痛みを離れた部位に放散することがあります。

下記の症状も筋トリガーとの関係が考えられるものが多くあります。